フライトDrのひとりごと

秋田県ドクターヘリに関して県民の皆様に広くご理解を頂くために、日々の状況をご紹介します。
Posted by yfredcross

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

秋田市防災訓練

昨日は待機終了20分前に再度要請。
湖東から脳卒中疑いの傷病者を搬送。
ほんとうにぐったりの一日だった。
しかし、これで月間出動回数新記録。
少しずつではあるが、
確実に当初の予定回数に近づいている。

今日は午前中は秋田市防災訓練。
そして髭先生のラストフライト。
訓練以外にも要請があれば良いが。
10時30分訓練のための離陸。
10時36分には帰ってきた。
ちょっと早すぎ?
このあと、自衛隊機出動。
当院屋上からのつり上げ訓練を行うらしい。
ヘリの中から見たことはあるが(このときも辛かった)、
外から見るのは初めてなのでちょっと楽しみ。
午後からAKTの取材の予定。
今日も防災訓練に明け暮れる一日?
スポンサーサイト
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

県防災訓練

本日朝の一降りの後は残暑厳し。
10時40分要請により出動。
大館能代空港へ、訓練開始。
11時01分空港到着。
既にDMATは活動している。
要請があるまで待機。
予定より5分遅れて11時35分要請。
かづの厚生病院から大館能代空港SCUまで傷病者搬送。
詳細は不明。
自衛隊機に続いて離陸。
かづのIC上空で5分程待機のあと着陸。
DMATからAMIの傷病者を引き継ぐ。
胸痛・ST上昇以外なにも申し送り無し。
バイタルも安定していると言われたが、
機内収容後、統括DMATより、
「途中CPAになり、
胸骨が折れるくらいに圧迫したのでよろしく」と。
CPAになっていて、バイタル安定、問題無しはないだろう。
申し送り能力にやや問題有り。
SCUでDMATへ引き渡し訓練終了。
SCUのDMATは知り合いばかりで、比較的活動しやすかった。
基地病院へ帰着後、荷物を降ろす余裕もなく転院搬送要請。
CPA蘇生後症例。
仙北組合総合病院から山本組合総合病院へ。
OMI Post CAB症例らしく、Vfであろうとのこと。
連続出動で活動時間は丁度4時間。
さすがにくたびれたが、
原因は暑さと脱水と空腹?
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

訓練日程

本日要請1回。
大館から脳研まで搬送。
いよいよ明日から訓練開始。
8月30日はかづの市で県防災訓練。
8月31日は秋田市防災訓練。
9月2日は大館市防災訓練。
9月5日湯沢市防災訓練。
9月20日東成瀬村防災訓練。
9月4日には海上保安庁ヘリの離着陸訓練がある。
たくさんの見学があれば嬉しいが。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

重複連続出動

本日髭の先生が当番。
これまで10回の出動でラストスパートしたいところ。
午前中は救急外来が忙しかった。
ようやく一段落した13時40分。
北秋田市より外傷症例の転院搬送依頼。
傷病者情報聴取中に別件要請あり。
大館市立病院から弘前大学までAMIの搬送要請。
外傷は若干余裕有りとのことで、
大館ー弘前ー北秋田ー日赤のルートに決定。
重複要請であるが、連続出動とも少し違うような。
弘前に飛んでいる間に大曲から現場出動要請。
脳卒中疑い。
残念ながら救急車で来ていただくことに。
3重複要請は初めての経験。
しかし3回出動は今回も成らず。
今月18回目の出動。
あと1回でタイ記録。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

訓練予定

9月は救急月間。
各地域で防災訓練が目白押し。
ドクターヘリ参加要請も目白押し。
今週からあちこちで飛ぶことになる。
連携を深めること、認知度を高めること。
訓練も重要な活動の1つ。
今日はドクターこまちでドクターヘリの話。
実は3日前に収録スミ。
来週9月3日に後半部分の放送。
東京から来てくれていた髭先生の送別会。
救外スタッフ、フライトスタッフと共に大宴会。
お店にはご迷惑おかけしました。
2ヶ月の活動で今日まで10回のフライト。
もう少し乗りたかっただろう。
また来てもらえれば嬉しいのだが。
Posted by yfredcross   1 comments   0 trackback

覚知要請

土日、秋田では信じられないような暑さ。
土曜日は要請無し。
日曜日、フライトナース急遽交代。
午前、五城目消防より要請。
脳卒中疑い。
さらに田沢湖消防より要請。
宝仙湖の北でバイクの単独事故。
覚知要請か?
最寄りの救急車も現場までは40分かかる。
ヘリは15分で到着できる。
行ってみたら膝の打撲擦過傷のみ。
傷病者にとってはなによりだ。
救急車で地元の病院へ搬送をお願いした。
重症の可能性のある事例は
覚知要請で良いと思う。
この時間の短縮が救命につながる可能性があるのだから。
これからもどんどん呼んで欲しい。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

野村證券贈呈式

本日晴天なり。
午後、野村證券様からドクターヘリ寄付金の贈呈式が行われた。
応接室で面談後、ヘリポートでの式典。
最後に記念写真となった。


NOMURA1+のコピー+_convert_20120824171334
参加者全員で記念写真

このタイミングで要請があれば格好良かったのだが。
残念ながら今日はなし?
と思いきや、
すぐ後、玉川温泉からの要請。
頭部外傷で意識レベル低下。
岩手県の方であるが、
天候不良で岩手県へは飛べず。
基地病院へ連れ帰りとなった。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

現場医師投入

当たる人、当たらない人。
連続出動を止める人。
やはりいるらしい。
3日間連続出動のあと、3日間不出動。
今日は飛ぶ、当たるで大丈夫。
夕方ようやく要請あり。
男鹿でアナフィラキシーショック。
橈骨動脈触知可、JCS20。
なんで?
行ってみたらショック状態。
現場でエピネフリン投与でようやく回復。
ヘリによる現場医師投入成功。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

残暑きびしく

1週間ぶりのフライト当番。
朝から気温はうなぎのぼり。
暑い暑いと言いながらフライトナースと過ごす。
歳のせいか、実はナースが言うほど暑くは感じていない。
ヘリの中は38℃。
しかし今日も要請はなく、
3日連続で不出動。
噂では、◯◯消防で呼ぼうか迷っていたという。
迷うのなら呼んでくれれば良いのに。
しかも外傷であればなおさらのことと思う。
明日のフライトに期待。
それより早く涼しくならないだろうか。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

県内訓練予定

今日も暑い1日だった。
例年は朝夕は寒いと感じる季節なのに、
今年は朝暑くて目が覚める。
救急外来も体調を崩しての受診が目立つ。
今日は要請がなく、救急外来も平穏だったが。
午後3時過ぎのCPA搬送を皮切りに、
ひっきりなしの救急搬送となった。
確かにヘリ要請の距離ではない。
確かにヘリ要請の重症ではない。
2日間要請無し。
明日は要請がありそうな。
県内訓練のプログラムが出来つつある。
県北、県南中心。
これから県央もあるのだろうか。
訓練も大事。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

新潟ドクターヘリ準備中

今日は朝から気温上昇。
いつもにも増して暑く感じる。
残念ながら本日要請無し。
今回は2日連続で終了。
新潟から電話があった。
試験運航開始に向けて説明会の日々。
10月1日ヘリが入ると同時に、
消防・病院の搬送シミュレーションが始まる。
シミュレーションが終了した地域から要請可となる。
受け入れ病院も原則同じ。
調整、費用が大変らしい。
秋田以上に広い県。
説明会はヘリでは行けないので大変。
頑張れ新潟ドクターヘリ。
Posted by yfredcross   1 comments   0 trackback

初要請・初フライト

土日、暑い日が続いた。
横浜からの応援医師。
これまでフライト経験無し(飛べない人)。
体型的にもちょっと暑そうで気の毒である。
昨日は男鹿からの転院搬送要請。
診療所でのCPA蘇生後搬送であった。
Jターンで近隣の病院へ。
今日は昼食中に要請。
初めて五城目消防からの要請。
意識障害、高度徐脈。
緊急ペーシングとなった。
これで秋田県内全消防本部から要請あり。
まずは一区切り。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

阿吽の呼吸

昨日は天候が不安定な中、
男鹿から転院搬送。
依頼元の医師も
「急ぐのでヘリが良いですね」
「では飛びます」
順調に活動が進んだ。
少しずつ阿吽の呼吸で活動できるようになると良い。
今日は朝から蒸し暑いが、要請はなし。
救急外来も比較的落ち着いている。
午後救急外来では11ヶ月乳児の食道異物で一騒ぎ。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

ヘリの怪我 要治療

とある基地でBK117のテールにクラックが入った。
46mmのクラックで飛行停止。
水平翼の部分らしい。
部品交換となり、運航停止となった。
特に通常の運航には大きな支障はないらしいが、
患者を乗せるドクターヘリとしてはまずいらしい。
残念ながら原因不明。
パイロットと整備士は毎日点検しているが、
今後はこの部分にも注意を払う必要がある。
とりあえず早期発見、早期治療。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

機内清掃

昨日に引き続き今日も要請無し。
最近は要請の有無にはかなり慣れてきた。
今朝は機内消毒を行った。
定期的におこなっているもので、
アルコールで椅子や機器、壁、床等を清拭する。
血液や体液からの感染を防止することが目的。
明らかに汚れた時にはその場で消毒する。
7〜10日間隔で行うのだが、秋田では8日毎。
何故8日毎か。
毎回同じ曜日だと、いつも当たるドクターが同じ。
これは不公平なので、1日ずつずらすことにした。
パイロット、整備士と共に約15分で終了する。
そうみんなのヘリコプターなのである。
昼にNHKドクターこまちの打ち合わせ。
来週収録となる。
ドクターヘリを広く県民の方々に理解してもらうために
NHKが企画してくれた。
感謝!
Posted by yfredcross   1 comments   0 trackback

連続記録

本日天候晴れ。
しかし結局要請なし。
5日間連続出動中であったが、
本日で連続出動記録ストップ。
明日要請があれば良いのだが。
要請無し連続記録は作りたくないものだ。
現在検討中のTシャツ。
おそらくデザインのマイナーチェンジとなる。
AKITA REDCROSS HOSP.は削除。
AKITA DOCTOR HELIを大きくする。
近日中にこのブログで再度お披露目。
出来る限り早く作成しないと夏が終わってしまう。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

燃料補給

朝から雨模様。
ただ雲は高く飛行は可だろう。
朝一番で燃料補給があった。
燃料庫は地下タンク、地上タンク、ドラム缶といろいろある。
ドラム缶は給油ポンプの交換を頻回に必要とする。
結露や水混入の管理も大変である。
これらの負担は冬季にはさらに大きくなる。
基地病院の都合もあるだろうが、当基地では地下タンクにした。


P8130006_convert_20120813085733.jpg
仙台ナンバー。JET燃料で秋田では無理?。20tタンク?。

P8130003_convert_20120813085557.jpg
補給開始。地下タンクは2万5千リットル。ピンとこない。今回5千リットルを切ったので2万リットルの補給。補給方法は自然落下らしい。準備も入れて1時間くらいかかるようだ。横で見ていたら、千リットルの補給に丁度2分。単純計算で2万リットルに40分。納得!

P8130005_convert_20120813085644.jpg
ヘリへの給油ノズル。フライト毎に補給している。燃費は1分5リットルらしい。
時速210Kmで飛ぶとリッター約0.7Km。驚愕の数値。


Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

CPA搬送について


土日は1回ずつフライトがあった。
土曜日は初めて秋田消防の出動。
前回の要請はエンジン点検で飛べなかった。
今日は男鹿から脳研へ搬送した。
ブログのコメントで「CPA症例の搬送についての質問」があった。
重要な問題である。
秋田では原則CPAの搬送はしないことにしている。
ただ、心室細動で心拍再開できる可能性が高い症例等は対応する。
ヘリの中では十分な対応はできないので、
救急車内で対応し、
救命の可能性が高ければ治療可能な病院へ、
救命の可能性が無いようであれば近隣の病院へ、
救急車若しくはヘリ搬送となる。
距離、状況にもよるだろう。
春に頭部外傷で現場出動した時は、
ヘリ収容直後に心停止となってしまった。
離陸せずCPRを行ったが、心拍再開しないため、
ヘリで近隣の病院にお願いした。
救命できる可能性が殆ど無いのに長距離搬送すると
ご家族が大変になる。
この点の判断はフライトドクターに委ねられるが、
県民の方々に
「ヘリが来たらとんでもないところに連れて行かれた」
と言われることだけは避けたい。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

ミステリー

昨日に引き続き好天。
8時56分男鹿より現場出動要請。
離陸後数分で「キャンセル」。
一体何が?
救急隊が現場に到着したが傷病者がいなかったらしい。
稀にはあることだが。
どうしたんだろう。
昼に大館から転院搬送要請。
弘前まで飛んできた。
無事1件搬送終了。
午後3時過ぎ湯沢から出動要請。
外傷患者の現場出動。
それほど重症ではないようで
近隣の(といっても結構遠い)病院へJ−ターン。
本日ついに3回目の出動。
ただ1回はキャンセルなので回数的にはやや微妙。
純粋に3回出動する日が待ち遠しい。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

現場出動

少し風があり、過ごしやすい天候。
雲も少なく絶好のフライト日和。
救急外来は朝から賑わっており、
救急車も次から次へとやってくる。
丁度昼時現場出動要請。
出動場所は三種町。
場所的には初めてのところ。
転落外傷の傷病者を搬送。
体表外傷ではあるが、
止血のため緊急手術となった。
救急の忙しい日、忙しくない日のリズムがあるのだろうか。
救急外来が忙しい方が、ヘリ要請も多いような気がする。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

ヘリ見学シーズン

夏休みシーズンになって、
小中学生の見学増加。
それぞれ自由研究や社会科実習らしい。
保護者が一緒に来ることが多いが、
意外と大人の方が一生懸命。
確かに、
ヘリに触れたり乗ったりという機会は普通はない。
私自身も1年前までそうだった。
たくさんの人にヘリに触れてもらい、
ドクターヘリを理解してもらえれば良い。
昨日は台北医科大学看護留学生の見学もあった。
必至に通訳してる人がいたが、
どこまで伝わったのだろうか。

朝のブリーフィングで、
「今日は昼に出動」
と言っていたら、12時に要請のピッチコール。
ほんとに?と思いながらヘリ搭乗。
エンジンスタートし離陸直前、CSより無線。
「キャンセルです」
救急隊がヘリを呼ぶ意識が高まってきたのか。
良しとしよう。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

寄付とロゴ

今日は朝から少し風が強い。
ここ3日間要請なし。
7月30日ヘリの尾翼にNOMURAのロゴが入った。
野村證券が全国のドクターヘリ事業に協力してる。
ドクターヘリ業務は全てが行政の補助金で賄われる訳ではない。
フライトスーツ、ヘルメット、ヘリ内の備品、医療機器の更新、
これらは全て基地病院で賄う。
それに見合う収益があればよいが、
Jターンが多くなればそれほど収益が上がるわけでもない。
その点では寄付金のありがたみは大きい。
岩手ではすでに3個もロゴがついている。
秋田でももう少し寄付が集まると嬉しいのだが。


P8070006_convert_20120807170734.jpg
NOMURAのロゴ。7月31日夜についたらしいが、8月3日搭乗の際に気がつかなかった。
なんという失態。




Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

再びBK117C2での変化

BKになってエアコンの吹き出し口が増えた。
なんと白い冷気がでてくる。
「これ、細かい水蒸気が混じっているの?」
「違うみたいです。」
「じゃあ、どうして白くなるのかなあ?」
「私にもわかりません。」
「気にならない?」
「・・・・・・・」
「暖房の時も白いのかなあ?」
「暖房の時は白くありません。」
「じゃあ。黄色くなる?」
「それは怖いです。」
事実確認は11月まで待つことにしよう。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

安全講習の赤い誘惑

朝のブリーフィングの後の安全講習。
BKになっていくつか変わったところがある。
大きさや配置が変わるのは当然のこと。
無線はそれぞれの場所でコントロール。
声の大きさや清明さは目の前のつまみで調整する。
医療・消防の無線切り替えも自分で。
これまで甘えすぎだった?
もうひとつ、①②③の緊急脱出手順。
① ドア上の赤いレバーを引っ張る。
② ドアロックレバーを90度以上開く。
③ ドアを思いっきり外へ押す。
普段ドアロックレバーは45度までしか開かない。
「本当に90度以上開くの?」
「開きます!」
「見たことある?」
「ありません!」
「やってみたくない?」
「やめてください(ほんとうはやってみたい)!」
「赤いレバー引っ張ってみたいなあ。」
「やめてください!」

Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

BK117C2 JA6926での変化

BK117に替わって初めてのフライトを経験した。
最も大きな違い。
それはエンジン始動から離陸までの時間。
MDに比べ2分近く余計にかかるらしい。
この時間が意外に長く感じる。
現場で離陸を見守ってくれている消防の方達も同じ思い?
MDに比べエンジンスタートがデリケートであることが原因?
実は着陸からエンジン停止までも同じように時間がかかる。
「なまはげ」がエンジンを止めないのはこれが理由なのだろうか。
図体はでかいのだが、意外に繊細?

Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

2.5(3.5?)回出動 訓練と実動

成人病医療センターへ傷病者を搬送する訓練を行った。
設定は県北の病院からセンターへ心筋梗塞の傷病者の搬送。
脳研の屋上ヘリポートをお借りすることになっている。
予定の時刻に転院依頼の電話。
しかし予定の相手が出てくれない。
代わりにセンター長が対応してくれた。
県北から心筋梗塞の人が搬送されてきて対応中とのこと。
訓練間に合わず?
その後実際にヘリを飛ばし脳研ヘリポートで引き継ぎ完了。
いくつか問題点がありそうだが、
今後はヘリ搬送は大丈夫と思われる。
しかし今日はここからが本番だった。
脳研ヘリポートから帰院途中、
CSより「大館現場出動要請です。行けますか?」
180度方向転換、大館へ向かって2分位。
再びCSより「キャンセルです。」
再度方向転換し帰院。
フライトナースはヘリの中の後片付け中、
「大館より出動要請です。」
外傷症例を大館市立総合病院へ。
救急車が良いのかヘリが良いのか微妙な距離。
どうも現場間の連携がうまくいかなかったためらしい。
最初の要請でそのまま飛んで良かったのかも。
帰院は17時12分。
暑さもあり、一寸気が抜けながらの後片付け。
17時15分、男鹿から現場出動要請。
交通事故傷病者を乗せて帰院した。
訓練を含めてであるが初の3回出動。
しかもほぼ連続。
結構疲れることが判った。
Posted by yfredcross   5 comments   0 trackback

Tシャツ

秋田ドクターヘリもTシャツを作成することになった。
MDで始まり、今はBKになっている。
背中に大きく、胸に小さくヘリを入れる。
背中はMDかそれともBKか。
こだわらなければどちらでも良いのだが。
注文する枚数によって値段が変わる。
たくさん希望があれば良いのだが。
これでモチベーションは少しは上がる?


秋田T_convert_20120801172330
サイズは男性用のS/M/L/LLとなる予定。2500~3000円の間に収まって欲しい。
出来る限り安い方がありがたいのだが。このブログを見て購入したいという人がいると嬉しい。yasuofujita25@gmail.com
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

再びLUCAS

BK117C2になって検討事項が1つ。
LUCASが乗るか否か?
スペース的には乗りそう。
入り口も大丈夫そう。
しかし、ヘリの中央にモニター兼除細動器がぶら下がった。
しかもストレッチャーの真上。
LUCASを装着したままでの搬入が無理なことは明白。
残念ながらBK117になってもLUCASは後付け決定。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。