フライトDrのひとりごと

秋田県ドクターヘリに関して県民の皆様に広くご理解を頂くために、日々の状況をご紹介します。
Posted by yfredcross

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

現場離陸待機

今朝は雪がかなり激しく降っていた。
当然飛行不可と思いながら出勤。
朝のブリーフィング終了頃から天候回復。
本日ヘリ清掃日。
さすがに手が冷たくなる。
午前男鹿より要請。
小脳出血例で脳研への転院搬送依頼。
電話で病状確認したくても、
医師は患者と共に既に移動済み。
やむなく看護師から情報収集。
中途半端な状態で出動することになった。
ランデブーポイントに到着すると、それまでは好天であったが、
ポイント周辺のみ降雪状態。
ランデブー後速やかに収容し離陸と考えていたが、
パイロットより「しばらく離陸出来ません」の指示。
雪雲に覆われ視界不良状態。
「待ち時間どのくらい?」
「10分位かと」
ヘリへ傷病者を収容し待機の方針とした。
運良く5,6分の待ちで離陸可能。
順調に脳研へ搬送し引き渡し。
脳研の医師によるとクモ膜下出血らしい。
昼再び降雪。
16時ピッチが鳴った。
終了までは30分。
再び転院搬送依頼。
北秋田から心不全・インフルエンザ症例。
担当医師は転院先を探すため、電話対応中。
また看護師からの情報のみで離陸。
かつ搬送先未定のまま。
万が一の場合連れ帰りとなる。
当院循環器担当医の了解を得た上で離陸。
現場滞在可能時間5分。
どうせ市内にいくのなら、まず連れ帰ってから対応とする。
そのため、病院の救急車も待機指示。
結局受け入れ先決まらず連れ帰り。
当院での対応となった。
体重145Kg。
ヘリに乗せるのが一番大変だった。
2件ともなんとなくすっきりしない転院搬送事例となった。
スポンサーサイト
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

非緊急転院搬送

午前中は天気良好であるが午後から悪化の兆し。
そんな中、朝のブリーフィングで大館からの要請の話が。
大館から国療あきた病院への転院搬送事例。
最初は25日に伺いがあったらしい。
大館へ電話し詳細の確認。
神経難病のため人工呼吸器装着。
循環は良いが呼吸状態不良とのこと。
救急車であれば2時間超えの搬送となる。
本来であれば防災ヘリにお願いしたいところである。
しかし防災ヘリは点検運休中。
運航要領に則り、防災ヘリ補完として出動した。
意識はしっかりしているが、頻回に吸引を要する。
しかもその度に呼吸するのを苦しがる。
その状態は揺れや震動で悪化するようである。
あきた病院の敷地は広くどこでも降りられそうであるが、
ランデブーポイントは消防学校駐車場になった。
ちょうど標準課程講習中。
見学者には事欠かない。
生徒達も活動が見られて良かっただろう。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

再び荒れ模様

1月23,24日と天候は良かったが要請無し。
本日再び天候悪化。
週末も飛ぶのは難しいか。
今冬の大雪と悪天候で怪我が多い。
インフルエンザも増えてきた。
フライトドクターも万全とはいえない状況。
運航継続のためにも健康第一でがんばるしかない。
Posted by yfredcross   2 comments   0 trackback

1周年

昨日で導入から丁度1年。
今日から2年目に突入した。
昨夕は待機終了間際に男鹿より要請。
病院周囲は見通しが悪かったが海岸線は良好だったらしい。
急いでUターンした。
脳梗塞tPA適応例であった。
ヘリ搬送で時間内に治療開始することができた。
しかし範囲が大きすぎたらしく、
あまり良い結果は得られなかった。
1周年ということであちこちのマスコミで取り上げられている。
「予定より出動が少なかったがどう思うか」という質問が一番多い。
ほんとうに需要がそれだけなら仕方がないのだが。
そもそもドクターヘリ投入が妥当であったか否かの
判断をすべき人は誰だろう。
結局は予後不良例に対し、
どう対応すべきであったかを検討するところから始めるべきと思う。
しかし一般救急搬送例の予後調査も十分に行われていない現状で、
ヘリが妥当だった、近隣の医療施設で良かったという
議論はできない。
秋田県全体の救急医療体制の整備において重要な課題である。
救急医療体制は医療機関のためにあるのではなく、
県民のためにあるのだから。
Posted by yfredcross   1 comments   0 trackback

とどめの一発

昨日は久々に晴れ間が広がった。
そんな中、大館よりAMIの転院搬送依頼。
しかもU-ターン症例。
いつもは弘前なのに珍しいと思ったら、
秋田市在住の方だった。
その後湖東からの要請と順調に2度目の出動。
午後はNHKの取材があり。
取材後、要請現場を撮れたら良いので待機終了までいたいとの申し出。
「今日は2回出動したからもう無いと思うけど」
待機終了間際に能代より要請。
NHKはしっかり取材していった。
そして当然のことながらスタッフは現地置き去り。
救急車で近隣病院へ搬送した後、
東能代駅から電車で帰ってきた。
これまでのドボンでは一番近いところか。
私はNHKの取材が終わった頃から体調不良。
寒気、心窩部不快。
ノロ?
結局、熱はでて食欲不振になったものの、
下痢も嘔吐もなく翌日には復活した。
残念ながら今日は飛べる気配なし
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

CSセンター雨漏り

今年の大雪は除雪も難儀しているようだ。
しかし事態はそれで済まなかった。
CSセンター医師控え室での出来事。
実は私が待機している部屋なのだが、
11日午後、エアコンの下の壁から雨漏りが。
下に置いてあった書類やPCが被災した。
私は函館へ向かっていたので、
仕事をしていた事務職員が発見・対応してくれた。
今日は隣の窓の換気扇の下から雨漏り。
同様に書類、PCが被災した。
原因は、雨樋にあるらしい。
雨樋がCSセンターの端から端まで通してあるのだが、
医師待機室のエアコン作動時間が長いためか、
この部分だけ雪・氷が溶けるのだという。
仕事時間が長いのだから仕方がない。
両側は氷で止まっているので、
雨樋から溢れた水が壁の中に入って、
窓枠の隙間からしみ出してくるのだという。
なぜ雨樋から溢れた水が壁の中に入るのか、
その仕組み構造が理解出来ない。
この壁の目的は何だろう。
雨水を通すことか。
雪・氷が溶けないように
エアコンを使わないようにと。
建築上の欠陥ではないような言われかたをした。
まだ建てて1年。
毎年冬になると雨漏り注意報を発令することになるのか。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

引き返し

3連休は天候不良もあり出動無し。
今年の秋田は例年以上に雪が多いという。
今年だけのことであってほしい。
今日は全般的に雪。
要請があっても天候調査次第というブリーフィング。
そんな中、午前に男鹿から要請。
天候的にはOK。
すぐにヘリを出して離陸。
離陸後すぐに、傷病者情報を得る間もなくキャンセル。
操車場に停まっている新しい「こまち」を空から眺めて帰還。
傷病者がヘリ搬送を拒んだらしい。
1年目にして初めてのキャンセル理由。
当院スタッフにも絶対飛びモノは嫌という人がいるので、
まあ仕方がないところか。
可能性があれば要請してもらえるのはありがたいことである。
他に仁別から要請があったが天候不良で飛行できず。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

大雪

毎日雪が続く。
一昨年運航開始前訓練の時に
なかなか飛べる日がないと心配したが、
今期はその比ではない。
飛行可能日も昨期よりはるかに少ない。
今年の秋田は大雪だという。
最近は毎年大雪と言われているような気がする。
救急車での遠距離搬送、重傷者搬送は決して少なくない。
早く飛べる天候になてほしい。
本日より函館出張。
Posted by yfredcross   1 comments   0 trackback

降雪の合間

今日はいろんなことがあった。
朝金足線で事故があり運航スタッフが遅刻寸前。
(準備をいれると遅刻同然)
午後降雪の合間をぬって湖東より要請。
出動直後に男鹿より要請あり。
湖東例はバイタルも問題なしとのことで
行き先を男鹿に変更。
しかし途中から降雪が強まり視界不良。
結局途中引き返しとなった。
それもまっすぐは帰れず大回りでの帰着となった。
途中旧秋田空港跡地での野宿も脳裏をかすめたが、
なんとか無事に帰ることができた。
冬場はこんなことも増えるのだろう。
先日のドボンに関してご意見が。
医師2名体制で出動する場合がある。
家族が同乗する場合には定員オーバーとなり、
医師1名はそこで置き去り(ドボン)になる。
あとは自力で帰ってくることになる。
以前、弘前駅、花輪駅からを経験している。
財布の中身も増やしました。
フライトスーツでそのまま乗り込みます。
弘前からは医療バッグも一緒でしたから
目立ち度抜群でした。
これはもう開き直りです。
Posted by yfredcross   1 comments   0 trackback

初出動・初ドボン

今日も朝から降ったりやんだりの天候だったが、
男鹿から要請があり出動。
今年の初出動。
呼吸困難の症例。
当院かかりつけで診療所からの要請。
飛んでいったが帰りは雪の中。
出動時にこれだと未出動になるくらい。
東京から赴任した先生の初出動。
しかし家族が同乗するということでドボン。
初出動にしてドボンはついていない。
男鹿駅から電車で帰ってきました。
救急隊に駅まで送ってもらった。
ありがとうございます。
これでいつドボンでも大丈夫。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

天候不良

年明け不出動が続いている。
昨日は角館からAMIが、
今日は大館からSAHが、
いずれも天候不良で出動出来なかった。
この天気いつまで続くのだろう。
昨年よりも悪いような気がするのは、
ほんとうに気のせい?
4日に東京から新しい医師が着任した。
最近の若者は背の高い人が多い。
5日から一緒に待機しているが、初出動はいつになるのだろう。
早く独り立ちして欲しいのだが。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

仕事始め

本日より仕事始め。
今日は天候が変わりやすいこと、
風が強いことから出動は難しそう。
病院は年末年始の混雑に加え、
12月31日の電子カルテ停止、
1月1日の電子カルテ更新で大騒ぎとなった。
ヘリは12月30日に2回飛んだものの、
その後は天候不良も加わり飛行無し。
秋田の冬は、雪、風、雲と
飛べない要素が多い。
ドクターヘリの出動始めはいつ?
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

年始休暇

本日は結構飛べそうな時間帯も多かった。
しかし要請はない。
救急外来は混んでいる。
診療所が休みになるため例年のことである。
新しい電子カルテは不具合も多い。
その事が救急外来の混雑に拍車をかけている。
明日で年末年始休暇も終了。
東京からの新しい医師の着任はいつだろう。
4日1日を過ぎるとまた土日で休みとなる。
本日パイロット交代。
明日はCS交代。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

謹賀新年

平成25年が始まった。
ドクターヘリも2年目を迎えた。
大晦日は大雪・嵐だった。
新年は午前中こそ少し晴れ間もあったが、
結局午後から大雪。
要請もなく静かに時が過ぎた。
今年も安全運航で、
そして1件でも多く要請に応えられますように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。