フライトDrのひとりごと

秋田県ドクターヘリに関して県民の皆様に広くご理解を頂くために、日々の状況をご紹介します。
Posted by yfredcross

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

仙北組合総合病院

仙北組合総合病院から
新病院ヘリポートの説明があった。
平成26年5月開院とのこと。
屋上ヘリポートは融雪装置付きで通年使用可とのこと。
エレベーター前のスペースがちょっと狭く、
どこで引き継ぎをするか検討が必要。
今日も温かい陽気となったが要請なし。
明日から3月。
天候に恵まれ順調に運航できることを祈る。
スポンサーサイト
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

Tシャツ

今日は久々に気温も上がり、
雪解けに期待が高まる。
しかし要請はなく静かに過ぎていった。
救急外来には外傷CPA等いろいろ来たが、
近隣過ぎてヘリの出番無し。
いつまでこの天候が続くか判らないが、
春が待ち遠しい。
1年を経過し、
事務方ではいろいろイベントを計画している。
新しくTシャツを作成する計画もある。
前回より格安で作成出来そうだ。
今はデザイン待ち。
メールで申し込んでもらえれば
原価で販売する案も出ている。
Posted by yfredcross   1 comments   0 trackback

寒波明け

しばらく続いた寒波も去り、
ようやく0℃を超えた。
午前男鹿より要請あり。
久しぶりの出動であるが、
覚知から2分での要請。
片麻痺らしき傷病者とのこと。
季節柄、ランデブーポイントまでの搬送に時間がかかり、
ヘリはしばらく待機。
おかげで戦略は十分練れたようだ。
脳研かかりつけということもあり、
脳研へ受け入れ要請。
tPA治療可能時間内のため家族同乗。
一緒に乗って行った研修医は当然ドボン。
早くBKにならないものか。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

真冬日続行

金曜日から札幌へ出張していたが、
結局3日間とも飛べる天候ではなかったらしい。
札幌も寒かった。
日曜日は唯一飛べた最終便で帰秋したが、
乗り心地はとても悪かった。
しかも満席。
今日も相変わらずの真冬日。
平年より5〜6℃低いという。
今年の春はいつ頃だろう。
今回ドクターヘリの写真が欲しいというコメントを頂いた。
以前Tシャツを欲しいというコメントもあった。
可能な限り要望にお応えしたいと思う。
ただそのためにはどこの、誰で、何のためが知りたい。
そうでないとこちらとしても対応しがたいこともある。
個人的に要望がある方は是非メールでお願いしたい。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

再び真冬日

再び真冬日になった。
3月もすぐそこだというのに、
秋田はまだまだ冬真っ盛り。
これではヘリが飛ぶのも一苦労。
フライトスタッフは今日もレストランへ、
そしてTop3とバトル!を期待したのだが。
残念ながら今日はいつもの弁当だった。
それよりも早く雪が溶けて欲しい。
飛べる飛べないも大きいが、
何しろランデブーポイントが少なすぎる。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

復帰出動

東京から来ていただいている医師は昨日から復帰。
これまでの分も頑張って乗ってもらおう。
昨日は飛べなかったが、今日は午前から要請あり。
角館からの要請は天候不良で飛べなかったが、
その後の男鹿からの要請は無事フライト。
脳卒中疑い、発症から1時間ということであったが、
CTで皮質下出血ということで脳外科へ。
昨日は新しいパイロットが来た。
今日は新しいCSが来た。
4月から大規模人事異動があるらしい。
秋田に来てくれるスタッフも大幅に変わりそうだ。
これまで来てくれた人たちも秋田が良いと言ってくれた。
社交辞令かもしれないが悪い気はしない。
そのうち半固定化するようだが、
できればこちらとも相性がいい人になると嬉しいが。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

昼の合コン

冬季は朝から飛べないねと思う日がある。
時々はめられたようにフライトするのだが。
今日はまったく飛べそうにない。
そんな中でも要請はしてもらえるようになった。
ありがたいことである。
いつもは出前の弁当で過ごすスタッフたちも、
久しぶりに職員食堂へ。
混んでいたようで看護師3名と相席になったらしい。
合コン気分になったのだろうか、
いろいろ話しかけ、ついでにコップの水までかけてきたようだ。
姿・格好を聞くとどうも当院看護部Top3のようだ。
うーん、もう少し頑張って欲しかった。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

ラストフライトではなかった

土日は横浜からの応援医師。
4月から九州の病院へ転勤になるらしい。
本日が最後のフライトか。
それに呼応するように
8時15分男鹿から要請あり。
脳卒中疑いで秋田組合総合病院にお願いした。
午後は田沢湖スキー場へ。
鶴岡在住の方で脊損疑い。
可能な限り在住地に近いところで日本海病院にお願いした。
ラストフライト錦を飾ったね、と思ったら
「来月も来ます」とのこと。
「なんだそうか」
「来月も期待しています」
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

心停止の判断

先日のCO中毒の事例で、
心停止なのか非心停止なのかというコメントがあった。
結論から言うと、不明。
心停止の確認において、非医療従事者は脈拍確認しない。
意識無し、呼吸無しで心肺蘇生を開始することになる。
従って胸部圧迫を行った結果心拍再開したのか、
最初から心停止には至っていなかったのか不明である。
心停止前状態で血圧が低ければ脈拍確認も難しいし、
迷っている間に脳虚血は進行していく。
それを防ぐための手順である。
個人的には呼吸があるかないかの判断も難しいと思う。
そのため今は正常な呼吸が無ければ呼吸無しとなっている。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

BK117 1000機達成記念式典

BK117の納機が1000機となったらしい。
本機は30年も前から製造されていた。
川崎重工とEurocopter社の協同開発製造。
これを記念して帝国ホテルで祝賀会が開催された。
1000機のうち、川崎重工が製造したのは140機弱。
しかし開発の関わりはほぼ半々とのこと。
製造機数の差は販売網の大きさの差か。
このBK,機体毎のオプションが何しろ多いらしい。
そのための申請・認可の作業が大変と、経済産業省の話があった。
川崎重工の製造ペースとしては6,7台/年?
なかなか秋田には回ってこない。
ただもうすぐ1機納機されるらしいので、
秋田にくるのも、もう少しの辛抱だろうか。
東京は温かい。
帝国ホテルは格調高かった。
Posted by yfredcross   1 comments   0 trackback

CO中毒

本日比較的好天。
天気予報では雪だったが。
午前湖東から要請かも?の電話。
結局陸路搬送となり要請無し。
しかし昼に大館より要請。
作業現場で意識障害。
なんらかの中毒の可能性有り。
状況によってはヘリ搬送は難しいが離陸準備。
その間に男鹿から要請。
98歳脳卒中疑い。
大館がヘリ対象でなければ男鹿へ行きたいが。
大館はCO中毒の可能性大。
結局大館へ向かった。
現場でCOHbを測定すると24%。
ヘリで連れ帰り高圧酸素へ。
後の報告では救助隊接触時呼吸無く、
CPRを施行したとのこと。
救急隊到着時は呼吸有り、脈拍有り。
JCS3桁。
運良く病着時には意識レベルは回復していた。
それほど要請件数は多くないのに重なる時は重なるものだ。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

久しぶりフライト

3連休はめまぐるしく変わる天候であった。
土日は横手にいたため、詳しい状況は判らないが、
土曜日は要請あるも不可。
日曜日は阿仁スキー場から秋田市内へ搬送となった。
当初、救急隊は近隣の施設へ受け入れ要請していたが、
患者が秋田市内在住のため秋田市内を希望した。
フライトドクターは
「救急隊の手配を裏切ることになったのでは」
と随分心配していた。
こればかりは患者の希望もあるので仕方がない。
月曜日は風が強く飛行不可。
本日の当番は救急部◯◯医師。
実は週1回当番をしているにもかかわらず、
2ヶ月近くフライトしていない。
しかし今日は午前に男鹿、午後に五城目に出動。
久しぶりに飛んだせいか、少し生き生きしていた。
救急外来は大賑わい。
CPA症例にPCPSを使用したので忙しさが倍増した。
季節柄か、他院満床で断られてという搬送が目立つ。
2次救急は是非2次病院で対応して欲しい。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

再び暴風雪

2月になって珍しく好天が続いていたが、
前夜から暴風雪。
朝になっても風はやまず。
道路は渋滞で通勤にも支障が出るほどである。
当然ヘリは飛べるはずもない。
こんな日は待機することも辛くなる。
風がおさまったら飛ぶ気持ちに切り替えよう。
とりあえずは地上業務。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

自衛隊救急救命士

今、自衛隊所属の救急救命士が病院実習中。
自衛隊として全国展開しているようだ。
ただ組織形態が救急隊員とはまったく異なり、
MC体制の問題もある。
果たして救急救命士としての威力を発揮できるかが問題。
法的な問題も検討しなくてはいけない。
自衛隊病院や防衛省所属医師の体制下となるのだろうか。
そうなると実習もその体制を汲んで行うべきである。
防衛省と厚労省でその部分を協議すべきである。
秋田ではこれまでに何度となく自衛隊ヘリにお世話になった。
夜間・海上での傷病者発生における威力は大きい。
そういう意味でも体制が早く整備されると良いのだが。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

再び出動。

5日はかなり良い天気だったが要請無し。
その前は8日間で7回フライトしており、
ペースとしては妥当か。
今日ははそれほど良い天気でもなかったが、
午前に男鹿から要請。
脳卒中疑い。
脳梗塞であれば十分にtPA投与対象時間。
しかし脳出血であった。
当院脳外科で対応。
午後は大館から要請。
クモ膜下出血で脳研への転院搬送。
ここしばらく1日1件ペースが続いている。
12月1月の悪天候が少し改善し、
飛べる日も増えてきた。
運航2年目に入りこのまま順調にいってほしい。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

8日間7件連続出動

今週は少し冬型が戻る。
再び飛び辛くなる日が続きそう。
そんな中、9時過ぎ羽後より要請。
当院かかりつけALSの傷病者。
黄疸・食欲不振とのこと。
迷わず連れ帰り。
午後天候が崩れる予報だったが、
北秋田から小児外傷の搬送依頼。
当初病院からヘリ搬送の依頼であったが、
収容依頼のつもりだったらしい。
結局大学にお願いすることになり、
当院ヘリポートから救急車で大学へ転送した。
大学のヘリポートは雪山となっており使用不可。
大学に搬送中に天候不良となり以降は飛行不可となった。
ぎりぎりセーフ。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

一休み

金曜日から月曜日まで4日連続当番。
本日は中日。
昨日は追加で待機終了直前に角館からの要請あり。
急性心筋梗塞の搬送となった。
角館到着のタイミングで男鹿より要請。
脳卒中疑い例。
残念ながら要請に応えられず。
その前に大館から弘前大学への転搬要請もあった。
結局5件の要請。
しかし2件が重複要請のため、患者搬送は2件のみ。
需要があることは判った。
今日は朝から降ったりやんだり。
風が強い。
結局要請無し。
一休み。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

重複要請

重複要請が入った場合、行き先に困ることがある。
どちらか一方が天候等で行けないとか、
明らかに重傷度が異なる場合は楽だが。
しかし搬送時間と重傷度を掛けあわせると
簡単に決められない場合もある。
しかも既に先発要請に向かって移動していれば
なおさらである。
今日は朝から雨で思わしくない天候であった。
9時過ぎ男鹿から要請。
入道崎で脳卒中疑い。
ただ発症は昨夕とのこと。
RPは男鹿みなと市民病院駐車場。
天候は回復に向かっており離陸した。
離陸直後に五城目より要請。
交通事故、ショック、意識障害。
ただし内陸になるため着陸できるかどうか不明。
上空からパイロットが確認し飛行可となったため、
行き先を五城目に変更した。
男鹿の事例はRPであるみなと市民病院での初期対応を依頼した。
五城目では雀舘駐車場がRPであるが現場から離れている。
第一中学校のグランドに緊急着陸し、
救急車内で処置を行いながらRPへ向かうことにした。
エンジンカットしないままヘリから降りると、
雪は膝近くまである。
ここを50m程走り、
さらに氷の上を50m程走り救急車へ。
ABCD、FASTの後静脈路確保、RPへ向かった。
病着後、骨盤骨折で緊急手術となった。
男鹿の事例はみなと市民病院経由で脳研病院へ転送となった。
五城目の事例後、すぐに男鹿へ飛ぶつもりであったが、
いつになるか判らないため救急車で秋田市内へ向かったようだ。
時間経過等を含め、
連携体制をどうするか検討する必要がありそうだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。