フライトDrのひとりごと

秋田県ドクターヘリに関して県民の皆様に広くご理解を頂くために、日々の状況をご紹介します。
Posted by yfredcross

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

燃料補給

朝から雨模様。
ただ雲は高く飛行は可だろう。
朝一番で燃料補給があった。
燃料庫は地下タンク、地上タンク、ドラム缶といろいろある。
ドラム缶は給油ポンプの交換を頻回に必要とする。
結露や水混入の管理も大変である。
これらの負担は冬季にはさらに大きくなる。
基地病院の都合もあるだろうが、当基地では地下タンクにした。


P8130006_convert_20120813085733.jpg
仙台ナンバー。JET燃料で秋田では無理?。20tタンク?。

P8130003_convert_20120813085557.jpg
補給開始。地下タンクは2万5千リットル。ピンとこない。今回5千リットルを切ったので2万リットルの補給。補給方法は自然落下らしい。準備も入れて1時間くらいかかるようだ。横で見ていたら、千リットルの補給に丁度2分。単純計算で2万リットルに40分。納得!

P8130005_convert_20120813085644.jpg
ヘリへの給油ノズル。フライト毎に補給している。燃費は1分5リットルらしい。
時速210Kmで飛ぶとリッター約0.7Km。驚愕の数値。


関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akitadoctorheli.blog.fc2.com/tb.php/109-cf4a61c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。