フライトDrのひとりごと

秋田県ドクターヘリに関して県民の皆様に広くご理解を頂くために、日々の状況をご紹介します。
Posted by yfredcross

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

再びドボン

朝から比較的のんびりした1日。
午後湖東から要請あり。
痙攣重責の傷病者を秋田組合病院まで搬送。
待機終了15分前、
そろそろ片付けと思っていたところへホットライン。
大曲消防からの要請。
角館?それなら帰れる。と思いながら出動。
途中、かづの救急も出動中の連絡。
何故?やばい!
これは玉川か八幡平だ。
大当たり。アスピーテラインでの事故。
しかもCPAの可能性あり。
でもここまで来たら帰るわけにいかないよね。
整備士が冷たく一言「ドボンですね」
覚悟を決めてプラニングを開始。
玉川のランデブーポイントで角館救急とランデブー。
そこから角館病院まで搬送。
新幹線で秋田まで帰れる。
これならOK。
玉川に着いたら支配人が安全管理に出動してくれていた。
感謝!
しかも車で国道まで送ってくれた。距離にして500m位。
さらに感謝。
角館救急車に乗り込み現場へ。
無線では既に鹿角救急が接触、収容済みとのこと。
やはりCPA。
一瞬いやな予感が。
傷病者の住所は?
やはり鹿角の人。
結局かづの厚生病院に収容をお願いし、
鹿角救急車に乗り込みCPRを行いながら搬送。
途中、気管挿管・両側胸腔ドレナージを行ったが心拍再開せず。
花輪駅まで救急車で送ってもらい、
なんとか大館からの特急に間に合った。
鹿角消防には感謝。
おかげさまで最終各駅停車という事態は免れました。
我々を長距離搬送してくださった角館救急の方々にも感謝です。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akitadoctorheli.blog.fc2.com/tb.php/153-f0173354
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。