フライトDrのひとりごと

秋田県ドクターヘリに関して県民の皆様に広くご理解を頂くために、日々の状況をご紹介します。
Posted by yfredcross

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

CSセンター雨漏り

今年の大雪は除雪も難儀しているようだ。
しかし事態はそれで済まなかった。
CSセンター医師控え室での出来事。
実は私が待機している部屋なのだが、
11日午後、エアコンの下の壁から雨漏りが。
下に置いてあった書類やPCが被災した。
私は函館へ向かっていたので、
仕事をしていた事務職員が発見・対応してくれた。
今日は隣の窓の換気扇の下から雨漏り。
同様に書類、PCが被災した。
原因は、雨樋にあるらしい。
雨樋がCSセンターの端から端まで通してあるのだが、
医師待機室のエアコン作動時間が長いためか、
この部分だけ雪・氷が溶けるのだという。
仕事時間が長いのだから仕方がない。
両側は氷で止まっているので、
雨樋から溢れた水が壁の中に入って、
窓枠の隙間からしみ出してくるのだという。
なぜ雨樋から溢れた水が壁の中に入るのか、
その仕組み構造が理解出来ない。
この壁の目的は何だろう。
雨水を通すことか。
雪・氷が溶けないように
エアコンを使わないようにと。
建築上の欠陥ではないような言われかたをした。
まだ建てて1年。
毎年冬になると雨漏り注意報を発令することになるのか。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akitadoctorheli.blog.fc2.com/tb.php/203-bb1fb956
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。