フライトDrのひとりごと

秋田県ドクターヘリに関して県民の皆様に広くご理解を頂くために、日々の状況をご紹介します。
Posted by yfredcross

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by yfredcross   1 comments   0 trackback

とどめの一発

昨日は久々に晴れ間が広がった。
そんな中、大館よりAMIの転院搬送依頼。
しかもU-ターン症例。
いつもは弘前なのに珍しいと思ったら、
秋田市在住の方だった。
その後湖東からの要請と順調に2度目の出動。
午後はNHKの取材があり。
取材後、要請現場を撮れたら良いので待機終了までいたいとの申し出。
「今日は2回出動したからもう無いと思うけど」
待機終了間際に能代より要請。
NHKはしっかり取材していった。
そして当然のことながらスタッフは現地置き去り。
救急車で近隣病院へ搬送した後、
東能代駅から電車で帰ってきた。
これまでのドボンでは一番近いところか。
私はNHKの取材が終わった頃から体調不良。
寒気、心窩部不快。
ノロ?
結局、熱はでて食欲不振になったものの、
下痢も嘔吐もなく翌日には復活した。
残念ながら今日は飛べる気配なし
関連記事
スポンサーサイト

Comment

侍2 says... ""
 いつもご苦労様です。ドクヘリ・スタッフに深謝いたしております。さて、御意見番させていただきます。
今までに3回、収容現場を見学させていただきました(男鹿市 在住の者です)。

ドクヘリ現着後、Dr等は直ぐに救急車内に乗り込み、救急処置をしているのでしょうか?
 現場には救急隊&ポンプ(安全管理)隊 さらにドクヘリ・スタッフが点在しており、どなたがDr&Nrなのか判断できず・・・・・。忍者のような早技に思えています。
2013.01.22 15:25 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akitadoctorheli.blog.fc2.com/tb.php/204-914451e6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。