フライトDrのひとりごと

秋田県ドクターヘリに関して県民の皆様に広くご理解を頂くために、日々の状況をご紹介します。
Posted by yfredcross

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by yfredcross   0 comments   0 trackback

救助事例

太平山山頂で急病者発生。
なぜか、民間ヘリが救出し近隣ランデブーポイントで
ドクターヘリへ引き渡すという。
ところがその後の経過が伝わってこない。
救助隊は陸路山頂へ向かっているという。
なぜ急に民間ヘリが出てきたのかは不明。
消防サイドも連絡が取れずに困っているらしい。
30分を過ぎた頃消防本部から連絡。
まだ民間ヘリは動いていないので防災ヘリを要請した。
本当はドクターヘリが現場に向かいたいところだが、
太平山山頂はヘリが着陸出来るスペースがない。
途中も森林が続くため、
麓までしかドクターヘリは入れない。
結局、防災ヘリが傷病者をピックアップし当院へ。
運良く傷病者の状態は安定していた。
しかも傷病者は民間ヘリの関係者で、
山頂で荷物を受け取る作業中だったらしい。
民間ヘリが突然出てきた理由判明。
それにしても人騒がせな事態で、
やはり救助はプロに任せるべきだ。
この30分の遅れが生死につながることもある。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akitadoctorheli.blog.fc2.com/tb.php/239-63d2b18a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。