フライトDrのひとりごと

秋田県ドクターヘリに関して県民の皆様に広くご理解を頂くために、日々の状況をご紹介します。
Posted by yfredcross

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by yfredcross   3 comments   0 trackback

救急救命士特定行為処置拡大

厚生労働省研究班が考える
救急救命士特定行為処置拡大。
現在全国39地域で実証研究準備が進んでいる。
内容は
低血糖疑いに対する血糖測定とブドウ糖投与。
ショック状態に対する静脈路確保と輸液。
喘息重責発作に対する気管支拡張薬投与。
秋田市消防本部もこの研究に参加している。
秋田での準備は順調。
講習も明日で終了する。
7月から事例調査が始まる。
これらの特定行為が行えるようになると、
ドクターヘリの需要は減るのだろうか?
変わらないのか、増えるのだろうか?
いずれにしても連携強化が必要だ。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

僻地QQ隊員 says... ""
ドクターヘリの需要は減らないと思います。

なぜなら、今迄はCPAに移項してた症例でも、処置拡大により、一層救命の為ドクターヘリを必要とするのではないでしょうか?

秋田県内の?当消防の?僻地QQ隊員は、いつもヘリ要請を念頭において活動してます。

本当にドクターヘリは、僻地隊、住民にとって心強いです。
2012.06.21 21:09 | URL | #- [edit]
yfredcross says... ""
コメントありがとうございます。
地域の要望にお応えできるように
がんばってまいります。
2012.06.25 11:43 | URL | #- [edit]
侍 says... ""
たまに拝見しております。楽しく拝見しております。
今日、詳細は不明(AMI?  APO?)ですが、自宅近くにきてました。改めて、秋田にもDrヘリが配備された安堵感を感じました。
 さて、そこで一つ疑問が生じました。CPA(CPR実施中)と現場判断された場合、ヘリ搬送するのでしょうか? 
トリアージ分類では黒タッグとなりますし、ヘリも1機しかないわけですよね、家族への連絡もありますし・・・どうなのか疑問に思いました。
2012.08.12 21:21 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://akitadoctorheli.blog.fc2.com/tb.php/69-42ddcdea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。